家 購入 トップ > 家 購入のステップ >

家を購入するメリット、デメリット

家を購入するか、あるいは、このまま賃貸で暮らしていくのか?資金面・資産として・居住性・精神的観点などから考えてみました。

わたしとしては、メリット・デメリットの両面から考えてみたつもりですが、根本的に、「家を購入する!」と腹の底で、既に決めている・・せいか、メリットに傾いているような・・・^^;

あなたが家を購入するか悩まれているときの、多少とも参考になれば幸いです。

家購入を資金面からみてみると

家を購入するには、購入時にまとまった頭金が必須で、これがなかなか大変で決心がつかない大きな要因です。(デメリット?)

住宅ローンという、数十年のローンを抱えることになる。(デメリット)

金利がひところのことを思えばまだまだ低金利の時期なので、頭金さえしっかりとした額を用意できれば、賃貸で支払う家賃と大きくは変わらない返済額でいけるかもしれない(メリット)

家の購入を資産の形成という面からみる

家購入の長ーい^^;ローンを終えることさえ出来れば、家(と土地)という大きな資産が自分のものになる!(大きなメリット)

もしこれから先、地価が上昇すれば、資産価値があがる可能性があるし、その確率は結構高いと思われる(メリット、特に明確な根拠はありません)

将来の老後のとき、子供の家で同居し、持ち家は賃貸に回すということや、設備やケアが充実した施設に入居し、持ち家は賃貸又は売却などに回すことができる。 (メリット)

最近日本でも普及?しつつある不動産を担保にしたモゲージローンを使って、ゆとりある生活資金を捻出することも可能。(メリット)

居住性の点からみてみると

広さや設備、グレードなどについて、予算さえあれば比較的自由に選択・設計できる(メリット)

持ち家、特に一戸建ての場合は、勤務先からはるか遠くになり、通勤時間がかなり長くなる可能性大(デメリット)

精神面からみてみる

老後に収入が大きく減っても、賃貸の家賃を払い続ける必要がなくその分安心。しかし、できるだけ早い時期に住宅ローンを終えておかないと!(メリット)

狭いながらも楽しい我が家!という、自分の城を持ったという心の豊かさと、家を購入できたという大きな自信がつくと思う。(メリット)

住宅ローンという超長期の借金をかかえるわけで、その分、大きなストレスを長期間かかえることになる。またリストラや、会社の倒産などにも常におびえるようなことになる可能性もある。(デメリット)

しかし、いずれは自分たちのものになる前向きな借金なので(住宅ローン)、その分仕事に対しても意欲が湧くということもある(メリット)。

こんな感じで、カンタンなメモのようなものでも、家の購入する場合のメリット・デメリットを自分なりにリストアップすることで、結構、頭の中がスッキリとするものですね。もし、家の購入についていろいろお考えなら、一度試してみることをお勧めします。

→ あのわかりやすい価格コムがマンションでも^^新築マンションの購入で分からないことがあれば、専門家に無料で相談できる

メニュー

こんな家が欲しい

マンションの購入

家 購入のステップ

家 購入の注意点

購入資金・費用

税金・確定申告

家 購入 のトップに戻る