家 購入 トップ > 家 購入のステップ >

家を購入するメリットは?

家を購入するのか?あるいは、賃貸のどちらが得なのか?思い悩むところです。

家を購入するのと、賃貸のどちらが得かと考えると、ひとつには好きなとき割と自由に引越ができるという気軽さをとるなら賃貸のほうが暮らしやすいといえます。

また、家を購入したいが、住宅ローンを組むにしても頭金が少なく、しかも長期間に渡る借金をかかえること、リストラや会社の万が一の倒産の不安などから、家の購入に踏み切れないというかたも多いのではないかと思います。

しかし、定年退職後の暮らしのことを考えれば、家を購入することを選んだほうが安心だというのが私の中での結論です。

賃貸での家賃と、家を購入した場合の月々のローンへの支払に大きな差がなければ、思い切って家の購入に踏み切って決断してみるのもアリかな?と思います。

家を購入する場合は、頭金を用意しなくてはなりませんし、また、数十年のローンという大きな借入をかかえることにはなりますし、毎年の固定資産税や修理維持費も計画に織り込む必要がありますよね。

しかし、賃貸の場合でも、月々の管理費や、更新料、将来の修繕メンテナンスにそなえての積立、駐車場代といった費用がかかるし、ローンという大きなリスクが無い代わりに、家(及び土地)という資産を手にすることもできません。

また、定年退職して、年金がおもな収入源となるときのことを考えると、収入が大きく減る定年後に、家賃を支払つづけなければならない賃貸というのはかなりしんどいと思いますし、逆に、家を購入し、持ち家という資産がある場合には、その家を賃貸に回して、充実した施設に入るというようなことをプランすることもできるのではないでしょうか。

→ あのわかりやすい価格コムがマンションでも^^新築マンションの購入で分からないことがあれば、専門家に無料で相談できる

メニュー

こんな家が欲しい

マンションの購入

家 購入のステップ

家 購入の注意点

購入資金・費用

税金・確定申告

家 購入 のトップに戻る