家 購入 トップ > 購入資金・費用 >

固定金利か変動金利か?

家を購入するときの資金として、住宅ローンが欠かせません。住宅ローンを組むときに比較検討して大きなポイントとなるのが、固定金利が有利か?変動金利のほうが有利か?

「ゼロ金利解除で固定型ローンが人気」

だそうです。産経新聞(ウェブ版)によると・・・

住宅金融公庫が実施した「住宅ローンに関する顧客アンケート調査」の結果、住宅ローンの新規契約に固定金利型を選ぶ人の比率が昨年度調査に比べ大幅に増加しているそうです。

その大きな要因としては、日銀のゼロ金利解除に伴う、金利上上昇傾向を見込んでのことのようです。

住宅ローンは人生の多くの期間に渡って、返済し続けていかなければならないので、安定を好むひとが多い日本では、特に固定金利の住宅ローンを志向する傾向がもともとあるのだと思います。

長期的に見て、金利が低い局面では、変動金利のほうが安くなっていることもあります。ただ、目先の金利としては低くても、将来の金利上昇により思わぬ金利支払増加を招く危険性もありうるので、一般的には、長期間金利が固定されている住宅ローンのほうが有利と言われています。

ただし、金利は固定金利としてある住宅ローンであっても、それが借入期間中ずっと金利が一定と思ってしまいますが、金利が固定である期間は限定されているのが一般的です。

家を購入するときの住宅ローンを比較検討されるときは、固定か変動かということプラス、固定の場合はその期間がどれだけなのか?ということも加味しないといけませんね!?

→ あのわかりやすい価格コムがマンションでも^^新築マンションの購入で分からないことがあれば、専門家に無料で相談できる

メニュー

こんな家が欲しい

マンションの購入

家 購入のステップ

家 購入の注意点

購入資金・費用

税金・確定申告

家 購入 のトップに戻る