家 購入 トップ > こんな家が欲しい >

介護を考えた家の購入

家を購入するときの、環境や状態は人様々ですが、家の場合は、高齢の母がいるので、家購入にあたっては、母の介護のことも考える必要があります。

家の母は、今は元気で身の回りのことは一通りできていますが、これから年を重ねるにつれて、近い将来に、介護が必要になってくることもあると思っています。

家を購入するに当たっては、母の介護をし易いかどうか?家の中の間取りや造りもそうですし、近隣に、介護センターがあるかとか、信頼できる評判の医院やクリニックがあるか?などの立地についても大事な検討事項のひとつです。

入浴やお手洗いの時なども介護が必要になってくることを想定すると、通路の段差や、あるいは車椅子用の幅なども考慮しないといけないかも知れません。

一戸建てでも、マンションでも、高齢化社会となってきた今、介護について配慮したつくりのものが出てきていますね。

介護ということだけでなく、バリアフリーというもうちょっと大きな観点のものもアピールポイントとしてでてきたことは、家を購入するものにとっては新たな視点でもあります。

比較的新しい、一戸建てや、マンションであれば、そのような介護について配慮された物件もあるわけですが、古い中古物件では、家族の介護を考えるとき、難しい問題や、対応できないこともあるという話です。

余計なお世話ですが^^;、親御さんが元気なかたも、将来、介護するようなことも考えて、家を購入するときのポイントの一つにされることをお勧めします。

→ あのわかりやすい価格コムがマンションでも^^新築マンションの購入で分からないことがあれば、専門家に無料で相談できる

メニュー

こんな家が欲しい

マンションの購入

家 購入のステップ

家 購入の注意点

購入資金・費用

税金・確定申告

家 購入 のトップに戻る