家 購入 トップ > こんな家が欲しい >

都市圏で、あるいは郊外で?

家を購入するのに、都市圏で購入するのか?あるいは郊外に住むのかという問題があると思います。

家を購入するのに都市圏にするか、郊外にするかは、家を購入しその後生活で何を重視するかが分かれ目です。

仕事を中心に考えるならば通勤時間が短くて済む都市圏が条件になりますし、家族のためにも住まう環境重視という選択もありです。

しかし、仕事重視というのも今の日本の就業環境を考えると、滅私奉公のような考え方でいくのも馬鹿らしい気もします。自動車で通勤をしているかたなら、電車とバスの通勤も、読書の時間にあてるなど有意義に使えることもあると思いますし、自動車通勤による事故のリスクも減らせれますし。

わたしなどは、通勤時間が長くなっても、やはり住環境を第一に考えたいほうです。都市部ほどではないにしろ、郊外でも買物や、医療、公共施設などが以前に比べて格段に良くなっていますし、また都市部に比べれば緑や自然が多い場合があり、また坪庭のような庭でも持てる可能性がありますしね。

ただ、都市圏にしても、郊外にしても、家の購入には基本的に引越が伴うと思いますので、子供や家族のこれまでの人間関係やおつきあいが大きく変わってしまうので、そういった意味での配慮や、引越先での周辺環境や人間環境についての話し合いや理解はかかせませんね。

家の場合は、元々は東京都内に住んでいたのですが、父の仕事の関係で止むをえず、名古屋市に移住することになりました。名古屋市内といっても都市部からは車で40分くらいと結構はずれている住宅街で、交通の便はバスが通っているくらいでどちらかといえば不便です。

人間関係もいちからリスタートとなったので、それが子供ながら、しんどかったなと今思い出します。

→ あのわかりやすい価格コムがマンションでも^^新築マンションの購入で分からないことがあれば、専門家に無料で相談できる

メニュー

こんな家が欲しい

マンションの購入

家 購入のステップ

家 購入の注意点

購入資金・費用

税金・確定申告

家 購入 のトップに戻る