家 購入 トップ > 家 購入の注意点 >

家の購入で「美味しいはなし」に注意

家を購入するためには、情報収集がかかせません。よりよい、自分たちにあった家の購入探しのための第一歩は情報収集です。が「美味しい話」には要注意ですね。

家など不動産は、大変に高価な商品であるため、家や土地などを販売告知するための広告には厳しい規制が設けられています。

具体的には以下のようなものがあります。

  • 宅地建物取引業法
  • 不当景品類及び不当表示防止法
  • 不動産の表示に関する公正競争規約(この規約に参加している不動産会社の広告には○○不動産公正取引協議会加盟 という表記が)

このような規制が一応はあるのですが、全てを事前に規制するなんてことはやっているとは思えません^^;またいろんな考え方の業者がみえますし。

不動産業界に携わってみえるかたにも、ご存知の通りいろいろなタイプのかたもみえるわけですから、まずは家を購入するための広告をみるときには、大手などの充分信頼できると思われるものなどを基準にして、広告をみると、おかしな「おいしい話」に惑わされないですみます。

気をつけたいおとり広告

家を購入しようと手に入れた広告で気をつけたい広告のひとつが、おとり広告と呼ばれるものです。

新聞などの折込みで、非常に条件などのよい家や土地などの物件を見つけて、喜んで電話してみると「その物件は人気で売れてしまった。他にも良いものがありますよ」と上手に引き込んでいってしまおうというものです。(友人が語る^^;)

→ あのわかりやすい価格コムがマンションでも^^新築マンションの購入で分からないことがあれば、専門家に無料で相談できる

メニュー

こんな家が欲しい

マンションの購入

家 購入のステップ

家 購入の注意点

購入資金・費用

税金・確定申告

家 購入 のトップに戻る